外壁塗装で用いられる塗料とは

住宅改善

使用目的に合わせた塗装

外壁塗装には、いくつか種類があります。耐久性に特化したものや断熱性をもっている塗料など複数あります。そのため、求めている効果や使用目的によって塗料を選ぶようにしましょう。

種類や特徴について

刷毛を持つ人

シリコン塗料

京都ではとても人気の高い塗料の一つです。価格も比較的安く、耐久性も申し分ありません。しっかりと建物の外壁を守ってくれるのです。また、耐久性も10年から15年程と十分な耐久年数を誇ります。

ラジカル塗料

最近、外壁塗装工事で用いられることが増えてきた塗料です。比較的性能が安定した塗料と言えるでしょう。12年から15年程と耐久年数も申し分なく、シリコン塗料と比べても価格はそれほど高くないのです。

無機塗料

無機塗料はシリコン塗料やラジカル塗料に比べると、耐久年数で勝ります。20年から25年程の耐久年数が自慢です。ただ、価格に関しては2倍程もあるので、自分の用意できる費用と相談しながら利用しましょう。

効果で選ぶ

塗料には様々な効果が期待できます。断熱・遮熱性で選ぶ方法も人気です。また、防藻・防カビで選ぶこともできるでしょう。カビが心配な場合は、防藻・防カビ性の塗料を利用するのがベストと言えます。

広告募集中