外壁はどのようにして劣化していくのか

住宅改善

外壁の劣化には様々な原因がある

外壁の劣化には、経年劣化の他にも様々な原因があります。劣化を広げないためにも、自宅の外壁をチェックしてみましょう。また、あらかじめどのような原因があるのか把握しておくことで、劣化を防ぐことができますよ。

劣化の流れ

塗装
湿気がつく 基本的に外壁塗装工事を行った直後は、しっかりと湿気を弾きます。ですが、効果が薄れてくると外壁が湿気を帯びるようになってくるのです。水がたまるようにもなるでしょう。少しずつ外壁が歪んできます。
歪みが大きくなる 外壁に湿気がたまるようになると、外壁の歪みが大きくなってきます。京都では、歪みが大きくなる前に対処するのです。また、小さなヒビが発生するようになるでしょう。このヒビから更に水が入ります。
ヒビが大きく ヒビを放置しておくと、段々大きくなっていきます。放っておけば治ることはないのです。逆に悪化していきます。基本的にこの段階で外壁塗装工事を行っておけば、まだ間に合うでしょう。これ以上の放置は危険です。
水が浸透 ヒビが大きくなると、水が入ってくる料も増えてきます。基本的に中の防水材や防水シートにも水が入り込んでしまうのです。防水材や防水シートである程度の水は止まります。ですが、放置していると更に内部まで水が入ってくるのです。
内部が劣化する 防水シートを超えて水が侵入してくると、外壁の内部が侵食されていきます。結露や湿気によって鉄骨や木材、コンクリートが劣化してしまうのです。最終的には建物の基礎や土台も劣化します。素早い対処が必要なのです。
広告募集中